全国の方言を例えるのに分かりやすい例として、
近年よく取り上げられるようになったのがお菓子のキットカットを使った早口言葉。

 

キットカットの公式facebookサイトが取り上げたことがきっかけでSNSを中心に
名古屋弁キットカット早口言葉も流行りました。

 

このキットカット早口言葉、
名古屋弁になるとどうなるのか?
標準語と関西弁を比較しながら早速紹介してみます。

 

※標準語

キットカット買っておかないといけなかったのに
あなたが買うの忘れたから、キットカットを買いに行かないといけないよ

 

※関西弁

キットカット買わなあかんかったのに
あんたが買うの忘れたから、キットカット買いに行かなあかんわ

 

※名古屋弁

キットカット買っとかんといかんかったのに
あんたが買っとかんかったで、キットカット(買わんと)かんかったんだわ

(※バージョンはいくつかあります)

 

標準語との違いは分かるでしょうか?

 

まず、標準語のいけなかったが名古屋弁でいかんかった。
次に標準語の買うの忘れたからが名古屋弁で買っとかんかったで。
最後に買いに行かないといけないが買わんといかんかったんだわ。

 

関西弁とは比較的似てますよね?
強いて言うと、アカンといかんの違いぐらい。

 

それから名古屋弁で昔からある早口言葉にえんぴつときんときんがあります。

 

※標準語

→今度の時は尖った鉛筆持っていかないといけない。
ていうか、ちゃんと削っとかないといけないって言っておかないといけない。

 

※名古屋弁

こんどんときはときんときんのえんぴつもってかんとかん。
てかちゃんとけずっとかんとかんっていっとかんとかん。

 

ちょっと難しいかもですが、名古屋弁だとこんな感じになります。
キットカットとえんぴつときんときんの名古屋弁の早口言葉
ぜひ、あなたもチャレンジしてみて下さい。